スラッシュリーディング

リーディングをする上でとても役に立つのがスラッシュリーディングです。スラッシュリーディングは、英文を頭から理解できるように、意味の塊ごとにスラッシュ( / )を打ちながら読んでいく方法です。必ずしも今から説明する通りでなくても構いません。リーディング慣れるまでは細かく区切っていきましょう。慣れてくるとそこまで区切らなくても意味を理解できるようになってきます。

では実際にスラッシュリーディングをするにあたり、区切る箇所は。

1:前置詞、副詞の前

2:不定詞、動名詞、分詞の前

3:節(接続詞)の前

4:コンマ、コロン、セミコロンの後

5:長い主語の後

 

1:前置詞、副詞の前

まずは前置詞や副詞の前で区切っていきましょう。そうすることで、その文章の基礎となる第1〜5文型のどの型で成り立っているのかがわかり、文章が読みやすくなります。

I visited Kyoto / with some friends / the day before yesterday.

京都を訪れました  数人の友代と       一昨日

区切ることで逆に読みづらくなると感じる場合は、たくさん区切らなくて大丈夫です。

 

2:不定詞、動名詞、分詞の前

基本的に文章の中でメインとなる動詞は1つだけですが、不定詞、動名詞、分詞、接続詞を使うことで、動詞が2つ以上現れます。メインの動詞がどれなのかをしっかりと理解するためにも、不定詞、動名詞、分詞の前ではスラッシュを入れましょう。

I got up early / to catch the first train / yesterday.

早起きをしました 始発電車に乗るために 昨日

 

3:節(接続詞)の前

文章の一番前に接続詞を用いると副詞、名詞、形容詞の役割を持つ節。この節が文章を長くします。接続詞の直前でスラッシュを入れることで、意味の塊が細分化され、意味がわかりやすくなってきます。

I will take my son / to the zoo / if it is fine tomorrow.

私は息子を連れていく 動物園へ もし明日晴れなら

 

4:コンマ、コロン、セミコロンの前

文節と文節の区切りや接続詞の後に使うコンマ(,)

イコールの役割や引用文の前の置くコロン(:)

接続詞の代わりに用いられるセミコロン(;)

などの後にもスラッシュを打つと読みやすくなります。

Hurry up, / or you’ll be late.

急ぎなさい さもなければ遅れますよ

 

5:長い主語の後

主語が長いときは一度、主語の塊の直後でスラッシュを入れると読みやすくなります。個人的な癖としては、長い主語の直後にスラッシュを入れて、メインの動詞の下にVと書いて、よりわかりやすくします。

My uncle who lives in Spain / comes back to Japan / once a year.

スペインに住んでいる私のおじさん 日本に戻ってくる 一年に一回

 

何度もスラッシュリーディングをしているうちに、少しずつ意味の塊で理解できるようになってきて、英語の順番通りに理解ができるようになってきます。上記にスラッシュリーディングのやり方はあくまでよくあるパターンですので、皆さんは自分なりのやりやすい方法でスラッシュリーディングをしていきましょう。

Amazonランキング1位

【新着ランキング1位】

『語学・辞事典・年鑑』という大カテゴリー

『英語』という中カテゴリー

『英語よみもの』という小カテゴリー

の新着ランキングで1位を獲得しました!!

1時間置きにランキングは変動するといえども、昨日の夜に獲得して、今も1位のままでした!!

みなさんのご協力、本当に感謝しています! ありがとうございますー!

そして、本は1212~13日ぐらい到着予定とのことですが、引き続き宜しくお願い致します。

世界を広げる英語リーディング 大庭平八郎

世界を広げる英語リーディング

英語ができるようになると、人生の選択肢が増えます!
本書は英文が読めるようになることを主眼に置いています。
英語の情報を手にするために必要なリーディング。英語のリーディングができるようになるために必要なことは、語彙力の向上、文法の習得、精読、多読などがあります。
ただ内容を理解しながらストレスなく英文を読めるようになるためには、多読の前に内容を理解するための精読が必要です。
精読のためには語彙力の向上と文法の習得が必要になってきます。
今まで文法でつまずいた方でも、この一冊で基本的な文法を習得できます。そして、英文の読み方がわかります!


第1章 英文を読むために必要なこと
第2章 文法
第3章 実践 スラッシュリーディング

2021年12月10日に発売!ただいま、Amazonにて予約受付中です♪

世界を広げる英語リーディング

しゃぶしゃぶの食べ方を英語で説明しよう

こんにちは^^ High Trevorの大庭平八郎です。

先日、目黒にある日本料理屋さん、そま莉さんで馬しゃぶを食べました。

しゃぶしゃぶの食べ方を英語で説明してみました。

ぜひ、ご覧ください。

少しでも英語学習のお役に立ちますように。

https://www.youtube.com/watch?v=l5CAGPRpRvI

たい焼き Taiyaki

こんにちは。High Trevorの大庭平八郎です。

先日、アメリカ人の友達とたい焼きを食べているところの動画を撮りました。

たい焼きの説明を友達にしてもらっているだけの動画ですが

生きた英語を聞いて、たい焼きをどう説明したらいいのか聞いてみましょう^^

しめ縄づくり

こんにちは。High Trevorです^^

 

先日、国際教養振興協会主催の[しめ縄づくりプロジェクト 指導員認定初級講座] を受けました。

初めてのしめ縄づくり。とても楽しかったので、少し分けてもらった藁を使い、自宅で一人でしめ縄を作ってみました。それをYouTubeにアップ!!

せっせと作っているところをアップしているので、そこまで英語は話せていないですが、見てもらえたら嬉しいです^^

 

そして、今後は僕もしめ縄づくりの体験イベントを開催できたらなと思っています。今、色々と相談中です。その際はぜひ参加していただけたら嬉しいです^^

 

この趣旨は、真の国際人を作るためにも、英語が話せるだけでもダメだと思っていて、日本人だからこそ日本文化のことを勉強してほしいという思いがあります。

海外で生活をしているとき、日本のことを聞かれてうまく答えられなかったことがあります。

でも、他の国の方々は自国のことをちゃんと話せる。

そしてなによりも自国を愛している。

僕は日本人にもそうあってほしいと思っています!!

 

動画、チャンネル登録、そして高評価ボタンを押していただけたら嬉しいです^^

一緒に英語学習しながらも日本文化について学んでいきましょう!!

https://www.youtube.com/watch?v=gIaAAP0vUTc&feature=youtu.be

英語で世界への扉を開け!English Business Presentation(第1回)

これから世界にビジネスの活路を見出したい方、集まれ!!!

あなたは海外の友人やお客様に自身のビジネスを
“どのくらい”伝えることができますか?

互いのビジネスについて英語でプレゼンテーション
を行う実践練習の場!

お互いのアウトプットと実践シェアで互いに学び
英語のプレゼン力をブラッシュアップするためのミーティングです。

==================
<開催概要>
■日時
8月2日(金)18:45~20:30
■会場
お申込みされた方にメッセージにてお伝えします。
■会費3,000円
==================
<内容>
★元アメリカのディズニースタッフの英語コーチによる
英語表現の1ポイントアドバイス
★年間100回以上のコミュニティを運営するコンサルによる
プレゼンのコツ
★参加者各自に英語でプレゼンテーションをいただく時間
をご用意しております。

やりたいと思ったら悩むよりもまず実践!

素敵なメンバーで楽しく挑戦し、成長!
これからの時代「世界」を相手に扉を開きましょう!

==================
<こんな方に向いています>
・「世界」のマーケットを相手にしたい(なんとなくでもOK)
・海外にどんどん出ていきたい
・海外の友人や人脈を広げたい
・「世界」を見ているアツい仲間と交流したい
・英語力、プレゼン力を高めたい
・TEDみたいにカッコよく英語プレゼンできるようになりたい
&将来自身のビジネスでTEDでプレゼンしたい!

英語レベルとしては、
・簡単な日常会話ができる
・駅で道を聞かれても英語で説明できる
以上の方であればきっとお役に立てます!

==================
<アジェンダ>1時間30分

19:00 開会の言葉・会の趣旨説明 (5min)

19:05 English Presentation・表現のコツ (5min)

19:10 ビジネスプレゼンEducation (5min)

19:15 1分間自己紹介(表現のコツを極力使ってアウトプット)

19:45 English Presentation 1(10min)
持ち回りで自分のビジネスを英語でプレゼン

19:55 英語で質疑応答 (5min)

20:00 English Presentation 2(10min)
持ち回りで自分のビジネスを英語でプレゼン

20:10 質疑応答 (5min)

20:15 English Meeting(10min)
英語でお互いのビジネスや仕事で困っていることを
会議

20:25 次回ミーティングの場所・時間・プレゼンター決定 (2min)

20:27 写真撮影(3min)

20:30 解散

外国人のビザ申請

こんにちは!!
High Trevor の大庭平八郎です。

今日はちょっとした英語学習とは関係ない雑談、つぶやきです^^

英語を教える仕事をしているおかげか
外国人のビザの申請の相談を
日本人の経営者の方や外国人の友達から相談されることがあります。

僕自身はビザの申請のための知識がちゃんとあるわけではないので
直接お手伝いはできませんが
そんなときは僕の信頼できる行政書士さんにお願いしています^^

大田区に事務所を構えている

「桂行政書士事務所」の 桂 僚平さん

僕が信用してお仕事をお願いできる方です。

なんなら最近は少しずつ日本でも認知されつつあるHACCP(ハサップ)にも詳しい方です。
HACCPは、これまた自分がアメリカのディズニーワールドで働いているときにオンステージで働き出す前に学んだことで、日本に帰ってきてからあまり耳にしていなかったのですが、最近は日本でも耳にするようになりました。

士業さんも様々いますし、行政書士さんが具体的にどこからどこまでの仕事をしているのか僕も明確には言えないですが、とりあえず、visa関連は行政書士さんにお願いしています。

他の知り合いの行政書士さんでも、海外経験があったり、英語が話せる方で、日本にいる、日本に来たい外国人のお手伝いをしたい!!ということで行政書士さんになっている方が多いです。

英語学習をされている皆さんも、1つの仕事の候補として行政書士というのもアリなのかもしれないですね^^

行政書士という仕事が気になった方はぜひ桂さんのサイトをご覧ください。

【深夜酒類提供飲食店・酒類販売業・建設業・許認可専門】東京都大田区の行政書士

皆さんが、1歩踏み出すきっかけとなりますように。

インバウンド対策:飲食英語2

こんにちは。High Trevorです。

 

前回は訪日外国人観光客が日本で日本食料理に満足しない理由の1つを述べました。

 

それは

英語のメニューがあるおかげで、食べてみたかった日本食を注文することはできたけど、食べ方がわからなかった。店員さんに聞いたけど、英語で十分なコミュニケーションがとれなかった。

というものでしたね。

 

英語。完璧な英語を話す必要はないと思います。

でも、単語レベルでもいいので、伝えようとする気持ちは大切です。

 

外国人の方も日本人と同じように、もしくはそれ以上に皆さんからのレストランの評価・評判を気にします。

日本のレストランの評価に関して、トリップアドバイザーの外国人の評価の中に

 

「The staff have excellent English skills. They explained what every single food item and mysterious-looking sauce was.」

(スタッフの英語力はとても素晴らしかったです。その食べ物が何なのか、ミステリアスな見た目のソースが何なのか1つ1つ説明してくれました。)

 

「Staff spoke little English but they tried so hard to communicate. It was awesome.」

(スタッフはあまり英語を話せませんでしたが、一生懸命コミュニケーション取ろうとしてくれました。素晴らしかったです。)

 

などありました。レストランのスタッフが英語が使えるかどうかも評価の1つなんですね。

 

そして、実際に知り合いの飲食店でも外国人観光客がよく見るサイトで書き込みがあってから、外国人観光客の利用が増えたとの声を聞きます。

 

少なくともお店で普段使っている日本語を英語で表現できるようになれば…

・外国人観光客に正しい日本食の食べ方を伝えられる

・日本のおもてなしを体験してもらえる

・お店のサービスに満足してもらえる

・口コミで外国人のお客様が増える

・閑散期でも外国人のお客様の獲得チャンス

etc…

 

良いことづくしですね!

 

完璧な英語を目指す必要はありません。でも最初はマニュアル通りの英文を覚えて発話しようとすることは大切です。そして、いざ話すときは焦ってしまって、どうしてもブロークンになりがちです。何が正しい英語かわかっていると、自分が間違った英語を話したときも後から自分で思い返しては、また練習することができます!

 

自分の使う英語が相手に伝わったとき、きっと何かの自信になるはず。皆さんの自信をつける1歩。そのお手伝いをしていきたいものです。

インバウンド対策:飲食英語1

こんにちは。High Trevorです。

 

最近、ますます外国人観光客をあちらこちらで見かけますね。

外国人観光客の数は年々伸び続けています。

つまり、日本の飲食店を利用する外国人観光客の数も増えています。

 

インバウンド対策の一環で最近では飲食店で英語のメニューも見かけるようになりました。

日本語を話せない訪日外国人観光客にとっては、とてもありがたいことですね。

 

外国人観光客の方々に日本食の感想を聞くと、満足されている方もいれば

実は、あまりおいしくなかったと答える方も多い事実、みなさんご存知でしたか?

 

その理由の1つに

 

英語のメニューがあるおかげで、食べてみたかった日本食を注文することはできたけど、食べ方がわからなかった。店員さんに聞いたけど、英語で十分なコミュニケーションがとれなかった。

 

ということがわかりました。

 

例えば、テーブルに2つのソースがあったとします。日本人である我々は、もし赤のキャップがあれば醤油、黄色のキャップであればソースだろうと予想すること多いかもしれません。陶器の入れ物だったら見た目からでは判断できないので、匂いを嗅いでみたり、少し小皿に取り出して舐めて確認したりして、判別するかもしれません。

 

しかし、日本食を初めて食べる外国人からしたら、とある料理に対して、そもそも何かソースをかけて食べるのかすら知らないかもしれません。醤油をかけて食べると知識として知っていても、店員さんからの説明がなければ間違ってソースをかけて食べるかもしれません。お刺身なら、極力、ソースでなく醤油で食べたいものですね。少なくとも私は。

 

完璧な英語ではなくても、簡単な英語で食べ方の説明をするだけでも、外国人観光客の方に満足していただけます。ハイトレヴァーでは、飲食店様向けにお店オリジナルの接客フロー英語マニュアルの作成をしております。ぜひ、これを機にご利用くださいませ。

 

次回も、引き続きインバウンド対策の英語に関して書いていきます。