インバウンド対策:飲食英語1

こんにちは。High Trevorです。

 

最近、ますます外国人観光客をあちらこちらで見かけますね。

外国人観光客の数は年々伸び続けています。

つまり、日本の飲食店を利用する外国人観光客の数も増えています。

 

インバウンド対策の一環で最近では飲食店で英語のメニューも見かけるようになりました。

日本語を話せない訪日外国人観光客にとっては、とてもありがたいことですね。

 

外国人観光客の方々に日本食の感想を聞くと、満足されている方もいれば

実は、あまりおいしくなかったと答える方も多い事実、みなさんご存知でしたか?

 

その理由の1つに

 

英語のメニューがあるおかげで、食べてみたかった日本食を注文することはできたけど、食べ方がわからなかった。店員さんに聞いたけど、英語で十分なコミュニケーションがとれなかった。

 

ということがわかりました。

 

例えば、テーブルに2つのソースがあったとします。日本人である我々は、もし赤のキャップがあれば醤油、黄色のキャップであればソースだろうと予想すること多いかもしれません。陶器の入れ物だったら見た目からでは判断できないので、匂いを嗅いでみたり、少し小皿に取り出して舐めて確認したりして、判別するかもしれません。

 

しかし、日本食を初めて食べる外国人からしたら、とある料理に対して、そもそも何かソースをかけて食べるのかすら知らないかもしれません。醤油をかけて食べると知識として知っていても、店員さんからの説明がなければ間違ってソースをかけて食べるかもしれません。お刺身なら、極力、ソースでなく醤油で食べたいものですね。少なくとも私は。

 

完璧な英語ではなくても、簡単な英語で食べ方の説明をするだけでも、外国人観光客の方に満足していただけます。ハイトレヴァーでは、飲食店様向けにお店オリジナルの接客フロー英語マニュアルの作成をしております。ぜひ、これを機にご利用くださいませ。

 

次回も、引き続きインバウンド対策の英語に関して書いていきます。

投稿者について

hightrevor

社会人向けの出張スタイルの個別英語レッスンと飲食店様向けの接客英語を得意とする。海外勤務の経験のある日本人講師陣で関東を中心に活躍中。